body
子育て・育児

【ベビーゲート】用途別おすすめ紹介

こんにちは!今回は「ベビーゲート」についてご紹介していきます☆

記事ID6792のサムネイル画像

ハイハイやつかまり立ちを始めた赤ちゃんは、家の中を自由に歩き回り心配ですよね。特に階段上や玄関にはベビーゲートで入れないようにすると安心です。そこで今回はベビーゲートの選び方とおすすめ商品をご紹介します。ぜひ参考にされてください。

日常の危険から赤ちゃんの身を守るベビーゲート

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41ihhmGbWqL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

ベビーフェンスとも呼ぶベビーゲートは、ハイハイやつかまり立ちで歩き始めた赤ちゃんや幼児の室内での安全を確保するために設置したいアイテムですよね。赤ちゃんや幼児は興味のおもむくままに家の中を自由に移動しますが、そこには日常にひそむ危険がいっぱいで親はひやひやしてしまいます。

危険な場所に入らせないようにしたり、触って欲しくない物から距離を置くために適したベビーゲートは様々なタイプがあります。初めて購入する場合は、種類の多さにどれを選んだらいいのか迷われるのではないでしょうか。

ベビーゲートの選び方

ベビーゲートの選び方について、ここを押さえて選ぶとOK!といったポイントをまとめています。ぜひ購入の際の参考にされてくださいね。

ベビーゲートの設置タイプで選ぶ

ベビーゲートにはおおまかにわけて、「固定タイプ」「突っ張りタイプ」「置くだけタイプ」3つの設置タイプがあります。

玄関や階段上などに設置したい方は「固定タイプ」がおすすめ

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41QVa4YQ3nL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

壁にネジなどでしっかり固定できるベビーゲートは、ベビーゲート自体が倒れたりしないので最も安心できるタイプといえます。赤ちゃんも大きくなるにつれて体重が増えたり、力も強くなっきたりもするので長く使う場合には非常に活躍してくれると思います。

玄関や階段上などはこの固定タイプのベビーゲートをおすすめしたい場所ですが、賃貸住宅では壁に穴が開けられないというデメリットも。壁を傷つけたくない場合は突っ張りタイプのベビーゲートが安心ですね。

壁と壁の間にしっかり固定したい方は「突っ張り棒タイプ」がおすすめ

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51rLTT5qUxL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

突っ張りタイプのベビーゲートは、両側に突っ張るための部品がついており、部屋の出入り口などを塞ぐように設置できるタイプです。壁と壁の間にしっかり固定できるのでおすすめのタイプです。

しかし、壁の裏に下地材(柱)などがない場所では、壁を押して変形させてしまうこともあるので要注意です。まず、設置する場所の壁の耐久性を確認しておきましょう。このタイプは場所の幅に合わせて調整できるので、その範囲に合っているかも確認しましょう。

壁なしの場所に設置したい方は「置くだけの自立タイプ」がおすすめ

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41c3zUETWfL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

置くだけの自立タイプのベビーゲートは、設置がとても簡単で手軽に使うことができるかつ壁を傷つける心配もなく便利ですね。置く場所を選ばないので、赤ちゃんに触らせたくないものを囲むことが可能です。

更には、近づけたくないエリアを作るのにも重宝します。しかし、上記の2タイプに比べると固定という点で安全面で劣るので、設置面が広くて倒れにくい工夫のしてあるものを選ぶことが重要ですね。

ベビーゲートの大きさで選ぶ

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51lGML9h6qL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

ベビーゲートの大きさは設置場所で変わりますが、固定式突っ張り式では、その場所の幅が重要ですのであらかじめ計っておきましょう。

ベビーゲートのサイズを見るときは、幅が何センチ調整できるかもしっかりチェックします。ベビーゲートの高さは2歳から3歳まで使用することを考えると、それなりの高さが必要です。

赤ちゃんの身長にもよりますが、最低でも60cmから70cmは欲しいところです。また、足を掛けて登れないように、ベビーゲートの周囲には物を置かないように心がけましょう。

広いリビングなどを仕切りたい方は「長いワイドタイプ」がおすすめ

https://m.media-amazon.com/images/I/4114mYO5DTL._SL500_.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

近年ではワイドタイプのベビーゲートも人気を博しています。最大幅が4メートルを超えるものも販売されており、広いリビングでも仕切ることが可能です。

また、多機能タイプとしてサークルにも変わるベビーゲートも販売されているので是非チェックしてみてください。

もちろん、自分で設置幅を測り、それに合わせて購入することにはなりますが、このようなワイドタイプのものも販売されているということを念頭に入れておいても損はないと思いますよ。

ベビーゲートの通過タイプで選ぶ

ベビーゲートには、扉がついているものとないものがあります。それぞれにメリットとデメリットがあるのでチェックしておきましょう。

大人が通りやすいものが欲しい方は「扉がある」ベビーゲートがおすすめ

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41uY579zVyL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

突っ張りタイプのベビーゲートには、扉がついていて開閉して通り抜けるものがあります。赤ちゃんに容易に開けられない構造が望ましいので、ロック機能がついているものがおすすめです。さらに上と下の2箇所のWロックだと理想です。

大人が出入りしやすい扉を選ぶこともストレスなく使える条件です。片手で簡単に開閉できるものや内と外の両側に開閉できる両開きのものは使いやすいですね。前かがみにならない高さで開閉できると腰の負担も軽減できます。

閉め忘れを防止したい方は「扉がない」ベビーゲートがおすすめ

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41pqNPvFwRL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

いわゆる遮断する柵や面だけのタイプで、大人はベビーゲートをまたいで通過します。シンプルな作りでリーズナブルなものが多く、扉の開け閉めがおっくうだと思う場合におすすめです。足を上げて通るので、ちょっとした腿上げ運動効果も期待できるかもしれませんね。

しかし、あまり高さがあるものは設置できないので、扉があるタイプよりも高さは低くなってしまいます。よじのぼってくるようなアクティブな赤ちゃんには用心しましょう。大人もまたぐ時はバランスを崩さないように注意してください。

幅の調節を楽に行いたい方は「ロール式」がおすすめ

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41zyTDokHrL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

使わない時は開放的にできて、コンパクトに片付けられるのがロール式のベビーゲートです。巻き取り式なので、取り付け幅の調節が容易にできます。まっすぐではなく、角度をつけて斜めにも取り付けることが可能です。

ですので、ロール式のものは部屋の形状に合わせられるのも便利です。間口の狭い場所に設置する場合は、パーツが少ないロール式のベビーゲートは通り抜けやすいのでとても便利なタイプのものです。

ベビーゲートの設置場所で選ぶ

ベビーゲートの設置場所によって、置けるスペースやタイプが違います。もっとも効率的な安全の確保のために、場所に合ったベビーゲートを探してみましょう。

キッチンに置きたい方は「使い勝手の良い」ものがおすすめ

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51MMQ-FTQpL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

キッチンは、刃物や食器、ガスなどの火の元など、家の場所の中でも赤ちゃんにとって危険なものが多いところといえます。そのため、部分的にスペースを隔離するより、キッチンスペース自体に赤ちゃんを入れないという選択が安全です。

そのため、キッチンの出入り口にベビーゲートを置いて遮断するという形が理想ですね。しかし頻繁に出入りする場所ですので、内側と外側の両方に開ける両開きなどの使い勝手の良いベビーゲートを設置したいですよね。

お風呂場に置きたい方は「コンパクトなタイプ」のものがおすすめ

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41-BqHUM5ZL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

赤ちゃんの痛ましい事故として、水を張った浴槽への転落があります。入浴後のお湯をそのままにしない、お風呂場のドアについているロックをかけるなどの対策のほかに、ベビーゲートを設置するという方法もありますね。

脱衣所やお風呂場の入り口などはあまり広い場所ではないことが多いので、ロール式などのコンパクトなタイプが適している場合も。自立式のベビーゲートも入浴時にさっとどけられるので、使い勝手が良いです。

階段上や階段下に置きたい方は壁にしっかり固定できる「頑丈」なものがおすすめ

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51YRydEojjL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

階段はハイハイする年齢になると、赤ちゃんがいつの間にか上がっていたり興味を持ったりして、転げ落ちでもしたら大怪我をまぬがれない危険な場所です。昼間は1階、夜は2階と生活圏が変わる場合は、万が一に備えて階段の上と下、2箇所にベビーゲートを設置しておくと安心ですね。

赤ちゃんの力やもたれても耐えられる強度で、壁にしっかり固定できる頑丈なベビーゲートがいいでしょう。ベビーゲートによっては、階段は設置できないと注意書きがあるものがあるので確認しましょう。

ベランダや玄関の前に置きたい方は「接地面が広い」ものがおすすめ

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51q6Tvjg4iL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

ちょっと目を離した隙に赤ちゃんの姿がないとひやっとすることがあると思います。子どもが玄関から外に出たり、ベランダから転落したりという事故を防ぐためにもベビーゲートの設置は有効になっていきます。

そんなベビーゲートですが、玄関フロアやベランダといった開けた場所には、置くだけのタイプがおすすめです。購入する際に接地面が広いものを選んでおけば倒れにくいので更におすすめです。

テレビ前など家電や暖房器具の前に置きたい方にもベビーゲートがおすすめ

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51EPmHT1GeL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

テレビやDVDデッキ、ストーブや扇風機などといった家電に触って欲しくないときは、距離を置くための囲いとしてベビーゲートを設置するのがおすすめです。ベビーゲージをコの字やL字に囲うことで触れるのを防止します。

また、ケーブルやDVDデッキなど、子供の興味を引くものにも対応することができ、ベビーゲートを使って物理的にスペースを開けることで、いたずらや接触を防ぐことが可能なので安心です。

ベビーゲートの安全面(留め具)で選ぶ

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/416Q5beCp0L.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

ベビーゲートはしっかり固定されていないと設置の意味がないだけではなく、倒れたり壊れるなどしてお子さんの安全を脅かしかねません。

間口に設置するタイプでは壁に穴を開けてネジで固定する固定式が最も安心できますが、壁を損傷するので、賃貸物件には不向きです。

突っ張り式の場合、幅木などで上下の幅は変わっている壁では、幅木対応のベビーゲートを選ぶとしっかり固定できてぐらつきを抑えられます。ベビーゲートによって、留め具の特色があるので、購入前に壁の状態と合わせて考慮してください。

ベビーゲートのデザインで選ぶ

ベビーゲートのデザインには、柵タイプ面タイプがあります。形状によるメリットもあるので、材質も考慮して選ぶポイントになります。

姿を確認したい方は「柵タイプ」がおすすめ

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51WYnwSufnL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

柵タイプのベビーゲートは、棒やフレーム越しに向こう側が見えるので、お互いに姿が確認できて安心感がありますね。柵を握って赤ちゃんがつかまり立ちをするので、強度のある素材でしっかりしたものを選びましょう。

赤ちゃんが腕や足を入れて抜けなくなる危険性も考慮して、下部には隙間がないものがいいでしょう。また、赤ちゃんが足をかけて登れるような構造も避けます。おしゃれさより実用的なデザインがおすすめです。

ぶつかっても痛くないものが欲しい方は「面タイプ」がおすすめ

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51%2BFVEDmwjL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

面タイプのベビーゲートは透明と不透明な材質があり、見えるようにしたいかどうかで選ぶことができます。柔らかい素材で作られているものが多く、強度に不安を覚えるかもしれませんが、赤ちゃんが寄りかかっても大丈夫になっています。

ロール式のベビーゲートは不透明なで柔らかいので、目隠しとして使えて柔らかくぶつかっても痛くないので安心ですね。当たりがソフトなベビーゲートをお探しなら、面タイプのベビーゲートもおすすめです。

インテリアに溶け込むものが欲しい方は「ブラックやホワイト」などのカラーがおすすめ

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51p6G88CQVL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

ベビーゲートのカラーにもいろいろな種類があります。そのなかでも、インテリアに溶け込むような色合いや材質を選びたいのであれば、ブラックやホワイト、ブラウンがやはりおすすめになっていきます。

しかし、囲いとして認識しやすいようにあえて目立つ色を選ぶのもありでしょう。木製のベビーゲートになってくると温かみが感じられ、ホワイトカラーはお部屋をより広く見せてくれる効果があるのでおすすめです。

ゲートの材質で選ぶ

基本的にベビーゲートの材質には「プラスチック製」「木製」「スチール製」の3種類があります。材質まで気を配ることで赤ちゃんがけがをする確率は減るでしょう。

最も丈夫なものが欲しい方は「スチール製」がおすすめ

https://m.media-amazon.com/images/I/41JHsnndABL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

ベビーゲートに用いる3種類の材質の中でもスチール製のものは、最も丈夫な素材です。赤ちゃんが寄りかかっても倒れにくく壊れにくいのが特徴です。ですので、お風呂場やキッチンなどの危険な場所に設置しておくのが良いと思います。

しかし、素材自体が重いのがデメリットとしてあがります。スチール製のベビーゲートで置くだけタイプのものになってくると、移動をするときに大変苦労することになるので注意が必要です。

インテリアに溶け込むものが欲しい方は「木製」がおすすめ

https://m.media-amazon.com/images/I/51jk3d8z7XL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

木製のベビーゲートはインテリアとしても良い色合いなのが特徴です。テレビ前などのお部屋のおしゃれな雰囲気を壊したくない場所に置くと、より木製のベビーゲートの効果が発揮できるのでおすすめです。

 

しかし、注意していただきたいのは、一度破損してしまうと木のトゲなどが出てくる可能性もあり返って危険という場合があるということです。少しでも壊れた時はすぐに取り換えた方が子どもにとっても安心でしょう。

設置移動を楽にしたい方は「プラスチック製」がおすすめ

https://m.media-amazon.com/images/I/41VzxDCd64L.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

プラスチック製のベビーゲートは3種類の中で最も軽いというメリットがあります。ですので、赤ちゃんの成長に合わせて設置場所を移動させる置くだけタイプのベビーゲートとしておすすめです。

もちろん軽いだけではなく丈夫に作られているので安心して購入することが可能です。しかし軽いためにしっかりと固定しないと移動や倒れやすいというデメリットもありますので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?

種類も豊富なので選びがいがありますよね!ご自身に合うベビーゲートが見つかりますように!!