body
子育て・育児

【離乳食スプーン】用途別おすすめ紹介

こんにちは!今回は「離乳食スプーン」についてご紹介していきますね☆

記事ID8509のサムネイル画像

赤ちゃんに離乳食を食べさせてあげるのに必要な「離乳食スプーン」。離乳食の開始目安は生後5~6ヵ月で、後期には自分でも食べられるようになります。時期に合わせた使いやすいスプーンが必要に。今回は、離乳食スプーンの選び方やおすすめ商品をご紹介します!

食べやすい離乳食スプーンで赤ちゃんにっこり!

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/31mayE%2BWZiL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

赤ちゃんが生後5~6ヵ月になったら、離乳食スタートの時期。それまでの母乳やミルク以外の味に慣れ、大人のように食べ物から栄養が摂れるようになるための大切なトレーニングを始めます。その離乳食を食べるためのスプーンが「離乳食スプーン」です。

離乳食スプーンといっても、形状や材質が違うさまざまなものが市販されていて、どれを選べば良いか迷ってしまいます。なかなか離乳食を進められない時、赤ちゃんによっては、スプーンを変えると食べてくれることもあります。

そんな大切な離乳食スプーン選びの参考になるよう、おすすめ人気商品を選びましたのでご紹介します!

離乳食スプーンの選び方

多くの離乳食スプーンの中から、赤ちゃんの発達や触感などの好みや離乳食の段階に合わせ、適した商品を選んであげましょう。離乳食スプーンを選びたい時の、離乳食の段階ごとの必要な条件素材の種類便利さのポイントについて、選び方のコツをご紹介します!

離乳食期の時期・段階に合わせて選ぶ

離乳食は、1歳頃を目安として初期・中期・後期とステップを進め、1歳頃からの完了期で幼児食へと移行します。離乳食の各段階によって、適した離乳食スプーンの条件があるので、それぞれの段階ごとに必要な離乳食スプーンの条件をご紹介します。

「離乳食準備期」は初めてのスプーンに慣らす

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/21mtZvzB1DL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

生後5~6ヵ月頃が離乳食をスタートさせる目安とされていますが、それまでミルクや母乳のみを口にしていた赤ちゃんにとって、突然離乳食スプーンを口に運ばれても、びっくりして嫌がったりることもあるんです。

そのため、離乳食初期をスタートさせる前に、”準備期”として、スプーン自体に慣らす練習から始めるのがおすすめとなります。スプーンに慣れてきたら、だし汁や野菜スープなどを口に入れてあげる練習や味に慣れる練習に入ります。

離乳食は、”初めはゆっくり”がコツですね。赤ちゃんがスプーンに慣れてくれるように、ママやパパもリラックスして始めましょう。準備期の離乳食スプーンには、哺乳瓶の先に触感が似ているシリコン製や、扱いやすいプラスチック製が向いています。

「離乳食初期」はママ・パパが食べさせやすいものがおすすめ

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/31NKHqVJEWL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

生後5~6ヵ月になりスプーンにも慣れてきたら、いよいよ離乳食初期をスタートさせまます。この時期のスプーンには、準備期と同じくシリコン製プラスチック製で、ママやパパが使いやすく、赤ちゃんの口に食べ物を運びやすいように柄が長いタイプが向いています。

この頃の赤ちゃんはまだ”ごっくん”と飲み込む練習段階で、スプーンを赤ちゃんの下唇にそっと置いてあげるように離乳食を与えていきます。そのため、スプーンの先は、赤ちゃんの口の半分くらいの幅のもので、飲み込みやすいように薄いものをぶと良いです。

「離乳食中期」は赤ちゃんがスプーンをつかむ練習ができるサイズ感のものを

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/21DeywUTJKL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

液体状やドロドロにつぶした粥状だった離乳食初期から、離乳食中期になると次第に粒が混じるようにして”歯茎や舌でつぶしてごっくん”する練習に入ります。この段階になると、赤ちゃんもママやパパも離乳食にも慣れてきていることでしょう。

離乳食の食べられる量も増えていきます。スープなどもすくいやすいように、スプーンは先の大きさや深さを大きくしていきます。赤ちゃんによっては、スプーンにも興味を持ち始め、自分で持ちたがる子もいます。

この時期の離乳食スプーンには、初期と同様に、ママやパパが与えやすいように柄の長いタイプが向いています。しかし、赤ちゃんに持たせる用は、柄の短いタイプを用意しましょう。柄が長いタイプは、赤ちゃんが振り回したり口に入れると危険なので気を付けましょう。

「離乳食後期~完了期」は自分で食べる練習ができる持ちやすいものがぴったり

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/31TH5DBJ%2B0L.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

離乳食後期になると、赤ちゃんには歯も生え始めます。離乳食は粒を大きくしていき、しっかり”カミカミする”練習の段階に入ります。この時期になると、赤ちゃんの食欲も旺盛になり、手づかみで食べたり、自分でスプーンを持って食べたがる子が増えます。

ママやパパは、お手伝いをするくらいになり、この頃の離乳食スプーンには、赤ちゃんが自分で持ちやすいタイプが向いています。柄は短めで、赤ちゃんが握りやすい形のものを選ぶびましょう。

スプーンの素材は、シリコン製プラスチック製の他、天然木製ステンレス製のものもあります。赤ちゃんやママやパパのお好みで選びますが、兄弟がいる場合などは特に、耐熱性があり殺菌消毒ができるタイプのものがおすすめです。

素材で選ぶ

離乳食スプーンは、いろいろな素材でできています。素材によってメリットやデメリットがあるので、離乳食スプーンを選ぶ時には、商品の素材を確かめて適したものを選ぶようにしましょう。それぞれの素材の特徴などをご紹介します。

成長に合わせやすい「シリコン製」

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/312cemOSEfL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

全体、または先の部分がシリコン樹脂でできた離乳食スプーンは、柔らかくて赤ちゃんの口に置いても冷っとせず、軽くて使いやすいことで人気があります。哺乳瓶の吸い口にも使われていることから、赤ちゃんになじみやすいということも理由のひとつです。

初期では特にシリコン製のスプーンがおすすめ!柄の長いタイプにも、先にシリコン樹脂を使ったスプーンが多いです。ただし、柔らかすぎると食材をつぶせないのがデメリットです。また、レンジや食洗器内で使えるものもあるので、洗浄法もチェックしましょう。

温度変化に強く消毒しやすい「プラスチック製」

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41gzWL2-%2BCL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

離乳食のスプーンの定番の素材は、このプラスチックです。プラスチック製の離乳食スプーンは、比較的安価で、軽くて丈夫で使いやすいため人気があります。赤ちゃんが振り回したり投げたりしても大丈夫なのもポイントです。

ところが、歯が生えてきた赤ちゃんが噛んでしまうと、スプーンに微細なキズができ、細菌が発生しやすくなるため、清潔を心がけることが重要となります。耐熱性で加熱消毒可能なタイプもあるので、チェックしてみましょう。

プラスチック製のスプーンは、シリコン製と同じく、冷んやりもせず赤ちゃんの口当たりも良いので、初期から使うことが可能です。

「木製」はやさしい口当たり!使用時期に注意点も

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/31t4RUfBYUL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

天然木でできた離乳食スプーンは、おしゃれで和の優しい風合いが人気です。自然素材だということも人気の理由で、表面にツヤ出しを使っていないタイプがおすすめです。また、赤ちゃんの口当たりも良く冷たくないことも、ママやパパから支持される理由です。

木製スプーンも、赤ちゃんが噛んでしまうとキズが入りやすく、雑菌が発生しやすくなります。そのため、まだ歯が生え始めていない時期の使用がおすすめです。

おしゃれな形状が魅力の「ステンレス製」は優れた耐久性あり

https://m.media-amazon.com/images/I/31TTcbUC09L._SL500_.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

離乳食スプーンには、ステンレス製などの金属でできたタイプもあります。熱湯消毒もできて衛生的に使え、耐久性に優れているのはメリットです。ステンレス製は輝きが美しく、おしゃれなデザインのものもあります。

しかし、金属製のスプーンは熱を伝えやすく、熱いものも冷たいものもどちらに使っても、赤ちゃんの口には温度が伝わりすぎてしまいます。そのため、離乳食スプーンとして使うには不向きです。完了期や幼児食に入ってからの使用がおすすめですよ。

便利さで選ぶ

離乳食スプーンには、さらなる便利さがプラスされた商品もあるので、より使いやすいものを選びたいですね。離乳食スプーンにプラスされた”便利な機能”を、いくつかご紹介します。

「ケース付き」はお出かけ・持ち運びに便利!幼児期のお弁当にも

https://m.media-amazon.com/images/I/31PcvUo-MzL._SL500_.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

離乳食スプーンは、家で使うだけではなく、お出かけ先で使うこともあります。お出かけ用に便利なのが、ケースに入ったタイプです。専用ケースに入っていて、清潔に持ち運べ、出し入れもしやすいものが多くありますよ。

ケースも含めて耐熱性のある商品は、加熱消毒もできて便利です。

「セット品」なら成長に合わせて対応可能!

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41cdDgdcmiL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

離乳食スプーンには、食べ物や段階に応じて使い分けられる、2~3種類の形状が違うものをセットにした商品もあります。離乳食スプーンは、離乳食の段階や赤ちゃんの機能発達によって、必要な要素が2~3か月で変わるため、あらかじめセットされていると便利です。

セット商品を準備していると、慌てずに対応できるというメリットがあります。また、1種類ずつ購入するより、お得な場合もあります。

耐熱性のある「消毒可能なもの」だと衛生的

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/4191oqd6grL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

離乳食期に入った赤ちゃんは、ある程度の免疫力を獲得しているので、離乳食スプーンの消毒は必ずしもしていなくても大丈夫です。そうは言っても、健康面で心配な要素があったり、簡単な消毒法で苦にならない場合なども、衛生的に扱いたいと思う人も。

その場合には、離乳食スプーンを選ぶ際に、耐熱性などの”消毒が可能か”というポイントにも注目して選びましょう。

「色の濃い」離乳食スプーンなら汚れが目立ちにくい

https://m.media-amazon.com/images/I/41iHk86SqFL._SL500_.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

ニンジンやカボチャといった色の濃い野菜を使ったスープタイプの離乳食の場合、白いプラスチック製スプーンでは色移りしてしまう可能性が出てきます。そういった汚れは洗剤で洗っても落ちにくく、せっかくのかわいいスプーンが台無しになってしまうことも。

そんなお悩みを解決するのが、色の濃いタイプの離乳食スプーンです。スプーンの色が濃いため、野菜の着色汚れをあまり気にすることなく使うことが可能ですよ。離乳食スプーンを長く愛用したい場合は、色の濃いものを選んでみましょう。

メーカーで選ぶ

離乳食スプーンは各メーカーより魅力的な商品が販売されています。使いやすい工夫が施されたものから、おしゃれでかわいらしいものまで幅広いラインナップがあります。こちらでは、各メーカーの特徴をご紹介しています。

初期から幼児期まで幅広いラインナップの「リッチェル」

https://m.media-amazon.com/images/I/21rlVW1qXFL._SL500_.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

ベビー用品メーカー「リッチェル」では、赤ちゃんが食べやすいシリコン製の商品が多くラインナップされています。お出かけ先でも使えるセット商品などもありますので、離乳食初期から幼児期まで、長く愛用することが可能です。

おしゃれな日本製のステンレス製スプーンなら「ののじ」

https://m.media-amazon.com/images/I/41MoqyahwOL._SL500_.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

キッチン用品メーカー「ののじ」の離乳食スプーンは、おしゃれなデザインが特徴。ステンレス製で洗いやすく、衛生的に使うことが可能です。赤ちゃんに食べさせやすいユニバーサル・デザインの考えに基づいた設計で、とても扱いやすいスプーンです。

赤ちゃんに寄り添った工夫がたくさん「ピジョン」

https://m.media-amazon.com/images/I/21zoJgEY9jL._SL500_.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

ベビー用品メーカー「ピジョン」には、赤ちゃんだけでなくママ・パパに寄り添った工夫が詰まった商品がたくさんあります。ボトルとスプーンが一緒になった商品や、赤ちゃんの口の形に合わせた設計のスプーンなど、その種類はさまざま。ぜひチェックしてみてください。

数を揃えて準備を万端に!魅力的な安い商品の「100均」

https://m.media-amazon.com/images/I/51JdlIqH+1L._SL500_.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

リーズナブルな「100均」の商品で、さまざまな離乳食スプーンを試すのもおすすめ。初めての子育てだと、どういった離乳食スプーンが合っているのか悩んでしまうもの。100均でスプーンをたくさん準備し、赤ちゃんが気に入ったものを使うという選び方もいいですね。

離乳食スプーンは食器用洗剤で洗っても大丈夫?洗い方と消毒方法

https://m.media-amazon.com/images/I/31vXAP9H4aL._SL500_.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

離乳食スプーンを洗う際、家族の食器と一緒に普通のスポンジと食器用洗剤で洗っても大丈夫か迷う方も多いのではないでしょうか。食器用洗剤には赤ちゃんに有害な成分が含まれていないか、特別な消毒方法が必要なのかとお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

離乳食スプーンなどの離乳食器などは、普通の食器用洗剤でご家族の食器と一緒に洗っても問題はありません。洗剤のすすぎ残しには注意し、普段の食器よりも少し念入りに洗うといいでしょう。雑菌の繁殖を防ぐため、使用後はできるだけ早く洗ってください。

また、どれだけ気をつけていてもスプーンの内部で雑菌が繁殖してしまうことがあります。そのため、週に1度ほど煮沸消毒を心掛けると良いでしょう。沸騰したお湯で5分前後ぐつぐつと煮るため、離乳食スプーンの耐熱温度には注意してくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

種類も豊富なので選びがいがありますよね!ご自身に合う離乳食スプーンが見つかりますように!!