body
子育て・育児

【マザーズトートバッグ】用途別おすすめ紹介

こんにちは!今回は「マザーズトートバッグ」についてご紹介していきます☆

記事ID13460のサムネイル画像

赤ちゃんや幼い子どもが使うオムツやミルク、着替えなどかさばる荷物を入れるのに便利なマザーズトートバッグ。撥水タイプやナイロン製の軽いタイプなど機能性や種類もたくさんで迷いますよね。そこで今回はマザーズトートバッグの選び方やおすすめをご紹介します。ぜひ参考にされてくださいね。

 

親のフットワークを軽くするマザーズトートバッグ

記事番号:24711/アイテムID:6883698の画像

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

ママになると自分の荷物の他に増える多くの荷物に頭を抱える人も多くいらっしゃいます。子供の荷物をまとめて持ち運びやすいマザーズバッグを購入するのはどうでしょう。マザーズバッグの種類は豊富にありますが、中でもトートバッグは大容量で、荷物の多い乳児期から便利に使うことが可能です。

マザーズトートバッグはデザインの種類も多く、おしゃれなママでも満足できるデザインが多いのも魅力的なポイントです。肩掛けができる取っ手が長いものや、整理整頓しやすい設計などブランドやメーカーによって豊富な選択肢から選ぶことができます。

マザーズトートバックの選び方

トートバッグは肩紐が落ちやすいなどのデメリットを解消するマザーズバッグのトートタイプ。種類も豊富なので、使いやすさや取り出しやすさなど好みの設計で選びましょう。

取り出しやすさで選ぶ

トートバッグの一番のメリットは物の取り出しやすさです。出し入れがしやすく必要なものを見つけやすいよう、あったら良い設計で選びましょう。

バッグの「口が大きく開く」と中が見やすい

https://m.media-amazon.com/images/I/512taU0T+9L.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

トートタイプを選ぶ時にはバッグの口が大きく開くかどうかを確認することが大切。バッグの口が大きく開けば中の荷物を見渡しやすくなり、どこに何があるかをすぐに確認することが可能です。

一方、バッグ口ががばっと開かないものや縦長のものも取りだしづらいのでおすすめできません。またバッグ内部の色にも注目しましょう。バッグの内側の色が暗めだったり、荷物を混ざりやすいような色だと見えづらく取り出しづらくなります。

仕切りがあれば「物の迷子防止」ができる

https://m.media-amazon.com/images/I/51xMpX6iDeL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

マザーズバックにはペットボトルやミルクを入れる場所、ウェットティッシュ入れやオムツやなどを入れる必要があります。場所など小分けに入れられる工夫をしたものなら整理しやすくなるので良いですよ。

またバッグインバッグのようなスタイルだと、自分の財布やスマホなどと子どものものが仕切れて便利です。仕切りやポーチは多すぎても使いきれないことがあったり、月齢や年齢が進むと不要になるものも。長く使えるよう、成長過程に合わせられるようなものを選ぶことが大切です。

「ゴムやコーティングされたポケット」の口なら汚れにも強い

https://m.media-amazon.com/images/I/51NaKdPKR2L.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

子どもと一緒にいると、荷物への注意力を今までのように払えないことも。水筒を入れたつもりが、立ち上がったら飛び出してしまって壊れてしまった、子どもが水たまりに足を入れて汚れた履や着替えを入れなくてはならないという事態も増加してきます。

そこで、入れたものがしっかりホールドできるようなゴムで綴じられるゴムの口のポケットや、汚れものもいれやすいコーティングされたポケットは便利です。

素材で選ぶ

マザーズトートバッグは素材にも種類があります。見た目のおしゃれさや軽量さなど素材によって違いがあるので、好みに合わせて選びましょう。

薄くて軽い生地で選ぶなら「ナイロン製」を

記事番号:24711/アイテムID:6973828の画像

出典:https://www.amazon.co.jp

使い勝手の良さや軽量で荷物を入れても軽々運ぶことが可能な素材で選ぶならナイロン製がおすすめ。ナイロン製は水を弾きやすく、乾きやすいので洗濯がしやすいのが魅力です。

汚れても気軽に丸洗いが可能なので、手入れがしやすいのはメリット。使わない時は小さく折り畳むこともできます。

肌触りの良さで選ぶなら「キャンバス生地」を

記事番号:24711/アイテムID:6973829の画像

出典:https://www.amazon.co.jp

肌触りの良さや見た目の優しさで選ぶならキャンバス生地がおすすめです。生地に厚みがあるので少し重くなりますが、その分耐久性はしっかりしています。使うたびに柔らかく肌に馴染むのも使い続けたい魅力。

1度汚れやシミがつくとなかなか落ちにくいのですぐに洗うか、汚れが目立たないカラーを選ぶようにしましょう。

機能で選ぶ

ママの使いやすさを考慮して設計されたマザーズタイプのトートバッグですが、機能には様々なタイプがあります。あったら良いなと思う機能を確認しておきましょう。

外出先でもおむつ替えがしやすい「おむつ替えシート付き」

外出先で子供のおむつが濡れてしまった、そんな時に役立つのがおむつ替えシートです。外出先によっては、多目的トイレやおむつシートのないトイレも。そんな時に椅子や地面におむつ替えシートをセットして安心して替えることができます。

おむつ替えシートには、トートバッグと同じ生地やデザインで付属しているものやバッグ一体型タイプも。かさばらず失くす心配がないので重宝するでしょう。

食べこぼしの心配がなくなる「撥水加工」

記事番号:24711/アイテムID:6973835の画像

出典:https://www.amazon.co.jp

子供の食べこぼしや飲みこぼしでトートバッグが汚れるのが心配という人は、撥水加工の施されたマザーズトートバッグがおすすめです。表面だけでなく内部にも撥水加工が施されていれば、バッグ内で飲み物がこぼれても簡単に掃除できます。

内部に撥水加工が施されていると、濡れた洋服やタオルを入れるのにも便利。さまざまなシーンで重宝するでしょう。

公園で遊ばせることが多いなら「防塵加工」

記事番号:24711/アイテムID:6973844の画像

出典:https://www.amazon.co.jp

公園などの野外で子供を遊ばせることが多いなら防塵加工の施されたマザーズトートバッグもおすすめ。防塵加工が施されていると泥や砂汚れが付きにくいので、少しくらい砂埃がついても叩けば綺麗になります。

ショルダーにもなる「2wayタイプ」もおすすめ

記事番号:24711/アイテムID:6973854の画像

出典:https://www.amazon.co.jp

マザーズトートバッグの中には、1つでショルダーとトートを使い分けられる設計のものもあります。子供の成長に応じて付け替えることが可能だったり、荷物の多さやママのファッションに合わせて柔軟に使い分けることができます。

持ち運びやすさで選ぶ

赤ちゃんを抱っこしたり、子どもと手を繋いで移動することが増えると持ち運びやすいかどうかは非常に重要になってきます。持ち運びのしやすい設計で選びましょう。

荷物の量が多いなら「素材自体が軽いもの」を

https://m.media-amazon.com/images/I/515yaYAiJ5L.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

マザーズトートバッグに荷物をたくさん入れるなら、素材自体が軽く荷物を入れても重くならないものを選びましょう。重いと持ち歩きが辛いですし、ベビーカーにかけたら子どもを下ろした時にベビーカーが倒れたという事態も起こり得ます。

肩を痛めたり、腰痛の原因にならないように500g程度のトートタイプのマザーズバッグを選びましょう。

持ち運びやすい「邪魔にならない大きさ」のものを

https://m.media-amazon.com/images/I/41udUyXs7LL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

たくさん荷物を入れて安心したいと大きいものを選んでも、大きすぎては持ちづらくなることも。また荷物をロッカーに入れて子どもと飛び回りたくてもロッカーに入らない、電車で邪魔になるなど、結局使いづらいということになってしまうこともあります。

おおよそ幅50cm前後が、一般的な日本人女性が使いやすいサイズ。またさらにマチが調整可能なバッグだと、荷物によって月齢が変わって荷物の量や中身が変わっても長く使えますね。

肩紐で選ぶ

トートバッグ選びで重視すべきは肩紐です。独身時代はおしゃれな金具の肩紐や、細い肩紐などを使っていたかもしれません。肩や体に負担を掛けない肩紐タイプを選びましょう。

肩から「落ちづらい」ものなら動いても安心

https://m.media-amazon.com/images/I/31QtybYcObL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

子供を追いかけたり、一緒に並んで歩く時に肩紐がずれるとストレスの原因に。肩紐の幅が広く、しっかり肩に固定可能なものだと落ちづらくなるのでおすすめです。また肩紐が長過ぎたり短すぎると快適に掛けられなくなるので、長さや幅に注意して選びましょう

「クッション」があれば肩が痛くならない

https://m.media-amazon.com/images/I/41Pdw9T-T0L.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

肩紐の部分にクッションを入れているトートバッグもあります。これだと、肩が痛くなりづらく長くかけていても楽でしょう。また、ずれにくいという特性もあります。

「長さ」が適したもので腰にやさしく

https://m.media-amazon.com/images/I/316Cw6TDDfL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

肩紐の長さが短すぎると、取り出しづらく使い勝手も悪くなってしまいます。長すぎると、背骨が曲がりやすくなり腰に負担がかかります。自分の体型に適した肩紐の長さを選びましょう。

ちょっと手荒でも大丈夫な「丈夫」なものを

https://m.media-amazon.com/images/I/41bXb72GmeL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

ママはバッグを大事に扱っている暇はないので、マザーズバッグで丈夫さは重要なポイント。繊細な素材では無く、汚れが落ちやすいものや防水加工であること、さらにバッグを床に置いても立っているようなものなどを確認して選びましょう。

マザーズバッグで気分よく「見た目」も重視しよう

https://m.media-amazon.com/images/I/41uuyUT3d+L.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

機能性重視で見た目が自分の服と合わない、気分が乗らないようなものはあまり使いたくないでしょう。また物をたっぷり入れるとシルエットがパンパンに見えてしまうようなものも、あまり可愛い印象ではなくなります。

機能性も大事ですが、自分の普段のファッションにマッチするものやおしゃれなデザインで選ぶのもおすすめです。

デイリー使いしやすい「コスパの良い安いもの」もおすすめ

記事番号:24711/アイテムID:6973781の画像

出典:https://www.amazon.co.jp

マザーズバッグは消耗品だと割り切って、リーズナブルで取り替えがしやすい価格帯で選ぶのもおすすめです。高価なマザーズトートバッグだと扱いも慎重になりますが、コスパの良い安価なものだと遠慮なくどこでも使うことが可能です。

汚れてもすぐに洗濯したり丸洗いするなど、手入れも品質を気にせずおこなえるでしょう。傷んだらすぐに取り替えることができるので、好みが変化しやすい人にもおすすめです。

高級ハイブランドでセレブママ気分を味わうのも!

記事番号:24711/アイテムID:6973869の画像

出典:https://www.amazon.co.jp

日頃から持ち歩くマザーズトートバッグをおしゃれなハイブランドにするのもおすすめ。レザーバッグよりもマザーズバッグはリーズナブルな価格で販売されているものも多いので、手に取りやすいのも魅力です。

SNSやファッション雑誌でモデルや有名人が愛用するハイブランドを真似するのもいいですね。柔らかいキャンバス生地やナイロン生地が使われているものが多く、荷物も入りやすい設計で使いやすいでしょう。何よりも気分が高揚して子育てが楽しくなるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

種類も豊富なので選びがいがありますよね!ご自身に合うマザーズトートバッグが見つかりますように!!