body
子育て・育児

【ハイチェア・ローチェア】用途別おすすめ紹介

こんにちは!今回は「ハイチェア・ローチェア」についてご紹介していきます☆

記事ID14919のサムネイル画像

子供が食事や勉強をする際に正しい姿勢で座ることができる子供用椅子は、お子さんの健やかな成長に必要なアイテムとなります。この記事では、ハイチェアやローチェア、テーブルチェアなどさまざまなタイプの子供用椅子の中から厳選したおすすめ商品と選び方をご紹介していきますのでぜひ参考にされてくださいね。

大人まで使える!?子供用椅子の魅力

https://m.media-amazon.com/images/I/31qO5kOmxeL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

離乳食が始まる生後5〜7ヶ月頃になると、大人と一緒に食事ができるように子供用椅子の購入を検討される方も多いのではないでしょうか。子供用椅子はダイニングテーブルに合うハイチェアや、ローテーブルに合うローチェアなど、ライフスタイルに合わせて選ぶのがポイントとなります。

ただ、子供用といっても椅子は場所をとる家具なので使いやすさや収納性、何歳くらいまで使えるのかという点も見逃せません。実は最近では、子供の成長に合わせて座面や足置き部分の高さを変えながら、大人になるまで使えるタイプの子供用椅子も登場しています。

そこで今回は子供用椅子の選び方やおすすめ商品をご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にされてください。

子供用椅子の選び方

子供用の椅子にはさまざまな商品があります。購入する際に知っておきたい選び方のポイントを、年齢、椅子のタイプ、素材、用途・目的、機能、メーカーなどに注目してご紹介します。

対象年齢で選ぶ

子供用の椅子は対象年齢によって大きく2つの種類があります。ここでは、ベビーチェアとキッズチェアの2種類をご紹介します。

「赤ちゃん」に使うなら安全な補助ベルト付きのベビーチェアがおすすめ

https://m.media-amazon.com/images/I/31sVNxbgu+L.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

ベビーチェアとは、赤ちゃんが1人でも座れるように高さや補助ベルトなどの安全面が配慮された椅子のことを指します。離乳食を始めたり、お座りが安定したりする生後5ヶ月〜7ヶ月くらいの赤ちゃんにおすすめです。

「2歳・3歳以上のお子さん」には小学生になっても使えるキッズチェアがおすすめ

https://m.media-amazon.com/images/I/41be7MC6PFL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

1人で椅子に座ったり降りたりができ、ベルトがなくても落下する心配のない幼児以上のお子さんにはキッズチェアがおすすめ。個人差はありますが、2歳以上のお子さんが目安です。椅子に座ることに慣れていれば、小学生になったときに勉強する癖がつきやすくなりますよね。

また、幼児以上のお子さんに子供用の椅子を購入する場合は、今後長く愛用できるようなキッズチェアが良いです。足置きや座面の高さを成長に合わせて変えられる子供用椅子は、大人になっても使えるモデルが多数存在します。

「5歳以上」なら補助的に使える高さ調整クッションも便利

https://m.media-amazon.com/images/I/51uTZm9Sw9L.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

子供用椅子を用意するのはスペースや予算の面で難しい場合におすすめなのが、大人用の椅子に載せて使用する高さ調整クッションです。お子さんの成長に合わせて枚数を増減させて高さを簡単に調整することが可能で、汚れたら取り替えたり買い換えたりしやすい安さも嬉しいですね。

タイプで選ぶ

子供用の椅子はいろんなタイプの商品があります。ここでは、ハイチェア、ローチェア、テーブルチェアの3つのタイプについてご紹介します。

大人と同じ目線で食事のお世話がしやすい「ハイチェア」

https://m.media-amazon.com/images/I/31O6w3WsjLL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

ダイニングテーブルなど高さのある机やテーブルに合わせて使いたい方には、ハイチェアがおすすめです。椅子に座ったお子さんと大人の目線が同じ高さになるので、食事のお世話をしやすいのがメリット。お子さんの乗せおろしも楽に行うことができます。

ただし、高さがあるため落下事故には注意が必要です。自分での乗り降りができない赤ちゃんが使用する場合は、必ず落下防止のベルトやハンドルがついているものを選びましょう。

ご飯以外の時間に座らせておくなら座面が低い「ローチェア」

https://m.media-amazon.com/images/I/418hSMJsG4L.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

食事以外にもお絵かきなどの遊びやテレビ・DVDを観る時、大人が家事をしている間の待機場所として使用したい方におすすめなのが、ローチェア。座面が低いので転倒の危険が低く安定感があるので、就学前のお子さんの初めての子供用椅子に良いと思います。

また、子供用椅子のローチェアは、素材や形のバリエーションが豊富なのも特徴です。昔ながらの豆椅子や、体にフィットするバンボチェアなど、さまざまな商品の中から好みやニーズに合ったものを選びましょう。

キャンプや外食を一緒に楽しむならコンパクトに持ち運べる「テーブルチェア」

https://m.media-amazon.com/images/I/41fbRwMGgLL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

お子さんと一緒に外食を楽しみたい方には、コンパクトに持ち運べるテーブルチェアがおすすめ。テーブルに取り付けるだけで使用できるので、自宅だけでなくレストランやカフェなどでの食事に便利です。取り付けたいテーブルの厚みを事前にチェックしておきましょう!

使用されるお子さんの年齢や成長発達に合わせて、ベルトの種類や背もたれの有無などをチェックして、お子さんが安全に使えるテーブルチェアを選びましょう。

 

用途・目的で選ぶ

子供用の椅子は用途や目的に合わせて選ぶのが重要です。ここでは、食事用、学習用、持ち運び用の3つの観点から選ぶときに注目すべきポイントをご紹介します。

「食事用」のダイニングチェアは足がつく足置き付きがおすすめ

https://m.media-amazon.com/images/I/41A4fyTEzRL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

食事用に子供用椅子を購入したい場合は、お子さんが落ち着いて食事ができるように足置きがついている子供用ダイニングチェアを選びましょう。足がぶらぶらしていると食事に集中できないお子さんが多いため、足裏をしっかりつけられる足置きの有無は非常に大切です。

食事用の子供用椅子は食べこぼしなどで汚れがつきやすいですよね。水拭きできる素材のものや、テーブルやベルトを取り外して洗えるものなど、お手入れのしやすさをチェックしておくと安心です。

「勉強用」には回転椅子や姿勢矯正機能付きがおすすめ

https://m.media-amazon.com/images/I/41uHd1K0D8L.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

食事だけでなくリビング勉強用にも使える子供用椅子が欲しいとお考えの方には、背筋を伸ばした正しい姿勢が保てる椅子がおすすめ。悪い姿勢は視力や学習効率の低下にも繋がります。座った時に自然と背筋が伸びるような構造の子供用椅子を選びましょう。

また、学習椅子に多い回転椅子は少ない動きで体の向きを変えることが可能なので、ものをとるときや立ち上がるときに楽なのがメリット。ただし、どうしてもくるくる回して遊んでしまうので、集中力を切らさないためにもロック機能があるものを選びましょう。

収納バッグ付きの子供用椅子は「持ち運び用」にぴったり

https://m.media-amazon.com/images/I/5131jEZx8WL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

ご自宅だけでなく、外食やお友達のお家に遊びに行くときにテーブルチェアのような子供用椅子を持っていきたいという方には、持ち運びに便利な収納バッグ付きの商品がぴったりです。自家用車ではなく公共交通機関や徒歩での移動が多い方に特におすすめです。

素材で選ぶ

子供用の椅子は使われている素材によってさまざまな特徴や良さがあります。ここでは、木、ファブリック、パイプ、プラスチック、ポリウレタンの5種類をご紹介します。

長く使えるおしゃれなデザインにこだわるなら「木製」がおすすめ

https://m.media-amazon.com/images/I/41ti+RKU0gL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

おしゃれな子供用椅子をお探しな方には、ナチュラルなインテリアによく馴染む木製の子供用椅子がおすすめです。木製の子供用椅子は、他の素材と比較するとがたつきの少ない安定感も魅力。耐久性が高いため、大人になるまで長く愛用できるものが多いです。

座り心地の良さにこだわるなら「ファブリック製」がおすすめ

https://m.media-amazon.com/images/I/31duI5MPV8L.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

学習用の子供用椅子をお探しの方におすすめなのが、座面がファブリック製の椅子です。長い時間勉強してもお尻が痛くならない、座り心地の良さが魅力です。ただ、汚れを拭き取りづらいのがデメリット。汚れが気になる方は、取り外して洗えるかどうかの確認は必要ですね。

自分で持ち運べる軽くてかわいい豆椅子が人気の「パイプ製」もおすすめ

https://m.media-amazon.com/images/I/41mcpjqT3rL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

手軽さと持ちはこびやすさを重視する方にはパイプ製の子供用椅子がおすすめ。代表的なのは、昔から親しまれている豆椅子。カラフルで、キャラクターやかわいい絵柄の座面がお子さんにも大人気。塩化ビニールの座面は、汚れてもサッと拭き取れて助かりますね!

軽量でお手入れが簡単な子供用椅子なら「プラスチック製」がおすすめ

https://m.media-amazon.com/images/I/31OtqA8K9ZL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

何よりも軽さを重視する方には、プラスチック製の子供用椅子がおすすめ。持ち運びが簡単なので、普段はしまっておいて必要なときだけ持ち出すという使い方が楽に実現できます。また、食事やクレヨンなどで汚れても、濡れた雑巾などで拭き取れるお手入れのしやすさも嬉しいポイント。

赤ちゃんの体にフィットする柔らかい椅子なら「ポリウレタン製」

https://m.media-amazon.com/images/I/41CdyuV9QSL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

ベビーソファなどにもよく使われているポリウレタンは、赤ちゃんの体によくフィットする柔らかさが特徴。家事の合間に赤ちゃんを座らせておきたいときや、動き回られると危ない場合に座らせる椅子がほしい方におすすめです。水に強いのでお風呂椅子としても使うことが可能です。

機能で選ぶ

子供用の椅子には使い勝手を左右する機能がたくさんあります。ここでは、特に注目すべきキャスター付き、折りたたみ機能、高さ調整機能の3つの機能をご紹介します。

移動が自由にできて掃除するのも楽な「キャスター付き」

https://m.media-amazon.com/images/I/31IN72Jr-pL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

椅子に座ったまま物をとったり、掃除機をかけるときにずらしたりするのに便利なのが、キャスター付きの子供用椅子です。移動させたいときに自由に移動することが可能で、食事や勉強中など集中するときには固定できるようなロックがついているタイプがおすすめです。

「折りたたみ」可能なタイプなら使わないときは収納できて便利

https://m.media-amazon.com/images/I/41pD7i4NpdL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

リビングやダイニングなどスペースに余裕がない場合や、来客時にしまっておきたい場合などに便利なのが折りたたみ可能な子供用椅子です。特にテーブル付きの子供用椅子の場合は、場所をとりがち。テーブル部分だけでもおりたためるとコンパクトに収納できておすすめですよ。

以下の記事では、子供用だけでなく会議や急な来客時にも便利な折りたたみ椅子のおすすめ商品を多数ご紹介しています。折りたたみ椅子に興味がある方はぜひチェックしてみてくださいね!

「高さ調整機能」があれば成長やテーブルの高さに合わせて長く使える

https://m.media-amazon.com/images/I/51MaPS4kfOL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

子供用椅子を長く使用したい場合には、必ず高さ調整機能の有無をチェックしましょう。座面や足置きの高さを、成長やテーブルの高さに合わせて変えることができるものがおすすめ。高さ調整機能がついている子供用椅子の多くは、子供から大人まで長く使えるのが魅力です。

お手入れのしやすさで選ぶ

子供用の椅子を選ぶ際には、お手入れのしやすさにも注目しましょう。ここでは、座面の仕様と素材、付属のテーブルを取り外せるか、の2点について紹介します。

「水拭きできる素材」や「外して洗濯できる」座面の子供用椅子が便利

https://m.media-amazon.com/images/I/41Z49RP78KL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

子供は食べ物をこぼしたり、飲み物をこぼしたりすることが多いですよね。特に小さいお子さんが使う子供用椅子を購入する際は、汚れることを前提に選ぶのが大切なポイント。水拭きできる塩化ビニールやプラスチック製のものや、カバーを外して洗濯できる子供用椅子がおすすめです。

食べ物の汚れがついたテーブルは取り外して「丸洗いできる」と楽

https://m.media-amazon.com/images/I/51XbOcAHYBL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

テーブル付きの子供用椅子を購入する際は、椅子だけでなく付属のテーブルを取り外せるかどうかもチェックしましょう。自分で食べたい意欲の強い赤ちゃんは、食べこぼしなどでテーブルもよく汚します。拭き取るだけでなく、取り外して丸洗いできるタイプの子供用椅子が便利です。

メーカーで選ぶ

子供用の椅子を製造・販売しているメーカーは数多くあります。その中でも代表的なサカモトハウス、ロウヤ、ストッケ、ニトリ、カトージ、大和屋の6つをご紹介します。

姿勢を正す子供用椅子が人気の「サカモトハウス」

https://m.media-amazon.com/images/I/415Zsk7-2iL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

サカモトハウスは、バランスイージーなど姿勢を正す子供用や大人用のバランスチェアシリーズが人気の家具メーカーです。個性的なデザインと、ダイニングチェアとしても学習椅子としても使える機能性の高い椅子をお探しの方におすすめのメーカーです。

おしゃれで機能性の高い子供用椅子なら「LOWYA(ロウヤ)」

記事番号:24884/アイテムID:6908888の画像

出典:https://item.rakuten.co.jp

おしゃれなインテリアが好きな方に人気のロウヤは、実店舗はなくオンラインのみで販売しているメーカー。ナチュラルなものからシックなものまで、さまざまなテイストの商品を取り扱っています。ロウヤの子供用椅子はおしゃれで機能的なものが多いのが魅力。

子供から大人まで使えるトリップトラップが人気の「STOKKE(ストッケ)」

https://m.media-amazon.com/images/I/31sFKs9yg0L.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

ストッケはノルウェーのベビー用品・キッズ用品を製造販売しているメーカーです。特に人気なのが、洗練されたデザインと高い機能性が魅力のトリップトラップ。美しいカラーと、豊富なアタッチメントでカスタマイズしながら大人になるまで長く愛用することが可能です。

シンプルデザインとお手頃価格が魅力の「ニトリ」

記事番号:24884/アイテムID:6908894の画像

出典:https://item.rakuten.co.jp

ニトリは日本国内に600以上の実店舗を持つインテリア・家具メーカーです。ニトリはお手頃価格とシンプルなデザイン、品質の良さが魅力。どんなインテリアにも馴染む実用的な子供用椅子や、テーブルや棚などと揃えてかわいい子供部屋を作りたい方におすすめです。

使いやすいベビーグッズが揃う「KATOJI(カトージ)」

https://m.media-amazon.com/images/I/41yXhPMoNvL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

カトージはパパ、ママの目線に立った商品開発・製品づくりを行なっているメーカー。使い勝手のよさ、細部までこだわられた利便性が特徴で、使いやすくて安全性の高い子供用椅子をお探しの方におすすめのブランドです。

可愛くてナチュラルなアッフルチェアが人気の「大和屋」

https://m.media-amazon.com/images/I/31naF++WvtL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

愛知県にある子供用の家具を扱う大和屋は、子育てのシーンに注目してお子さんや大人にとってよりよいベッドやチェア、テーブルなどを生み出しているメーカーです。ナチュラルで、使い勝手のいい商品が多く、中でも可愛くてナチュラルなアッフルチェアが人気です。

まとめ

いかがでしたか?

種類も豊富なので選びがいがありますよね!ご自身に合うハイチェアローチェアなどが見つかりますように!!