body
子育て・育児

【おむつストッカー】用途別おすすめ紹介

こんにちは!今回は「おむつストッカー」についてご紹介していきますね☆

記事ID10200のサムネイル画像

おむつ替えをスムーズに行える便利アイテム、オムツストッカー。最近では赤ちゃんの身のまわりのものを収納可能、さらに便利になっています。しかしボックス・吊り下げなど形や種類、またニトリや西松屋など販売店ももさまざま。そこで今回はおむつストッカーの選び方やおすすめのをご紹介しますので是非参考にされてくださいね。

おむつストッカーで育児をもっと楽にしよう!

記事番号:10200/アイテムID:5492340の画像

出典:https://www.amazon.co.jp

1日に何度も行うおむつ替えや赤ちゃんのお世話をもう少し楽にしたいと思っていませんか?赤ちゃんのケアを行おうとしたら爪切りがない!綿棒が見つからない!と慌てた経験がある方も少なくないと思います。

実は最近、育児を楽にするアイテムとしておむつストッカーが人気なんです。おむつの収納だけでなく赤ちゃんの身のまわりのものを全て収納可能なので、必要なものをすぐに取り出すことができ、おむつ替えやケアが驚くほどスムーズに行えます。

おむつストッカーを使うメリット

https://m.media-amazon.com/images/I/41hSgDzCOCL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

おむつは外袋のまま置いておくと生活感が出てしまいます。中身がどの程度残っているかもわかりにくいですね。おむつストッカーに収納することで見た目もスッキリし、おむつの残量も分かりやすくなります。

また、おむつだけでなく、おしりふきや綿棒、ガーゼなどのケアアイテムや赤ちゃんの着替えなど使用頻度の高いものを一か所にまとめておくことが可能です。ケアアイテムは細かいものも多いので、ポケット付きなどを選ぶとより使い勝手も良くなります。

また、持ち運びできるのもおむつストッカーのメリット。急な来客時にも場所を移動させれば済みますし、実家へ行く場合や車でのお出かけなら、おむつストッカーごと移動させることもできます。おむつをいたずらするお子さんへの対策としても有効ですよ。

おむつストッカーの選び方

ここからはおむつストッカーの選び方について解説していきたいと思います。種類が多くてどれがいいのかわからないとお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

おむつストッカーのタイプで選ぶ

おむつストッカーには、バスケット型、吊り下げ型などいくつかの形があります。それぞれに特徴がありますので、どのタイプが使いやすそうかチェックしてください。

車でのお出かけが多いなら持ち運びしやすい「バスケット型」

記事番号:10200/アイテムID:5492829の画像

出典:https://www.amazon.co.jp

バスケット型は置き型タイプともいわれています。床に置いて使う事もでき、持ち手がついているので持ち運びもできるのがメリット。家でも外出先でも使用可能なので、保育園に通っているお子さまの必要なものを入れてそのまま持っていくのもおすすめです。

仕切りがあるものは細々したものもきちんと整理整頓できるのがメリット。籐製のものは見た目もかわいくお部屋に置いておいてもおしゃれです。持ち運びをすることが多い人や小さなお子さまがいるご家庭はふた付きのものがおすすめです。

ベビーベッド近くで使うなら「吊り下げ型」が便利

記事番号:10200/アイテムID:5492853の画像

出典:https://www.amazon.co.jp

ベビーベッドで赤ちゃんのお世話をすることが多いご家庭は吊り下げ型のおむつストッカーがおすすめです。その名の通り、ベビーベッドに吊り下げて使えるタイプなので衛生的。床に置きたくない、空間を有効的に使いたい人にはおすすめ。

ベビーベッドだけでなく壁や取っ手にかけられるタイプもあるのでチェックしてみてください。ただし吊り下げ型は持ち運びには不向きですから、日中違うお部屋で過ごす場合などはバスケット型と併用して使うのがおすすめです。

収納力を重視するなら「ボックス型」

記事番号:10200/アイテムID:5492860の画像

出典:https://www.amazon.co.jp

赤ちゃんがハイハイなどで動くようになったり、ペットがいるご家庭はおむつをいたずらする可能性があるのでボックスタイプがおすすめです。ボックスタイプはフタ付なのでおむつを隠すことができ、ホコリから守ることも可能なので衛生的です。

たくさんのおむつを収納できるのもメリットで、おむつを卒業後は収納ボックスとして再利用できるのも嬉しいポイント。サイズ展開やデザインも豊富なので自分好みのものを見つけやすいのもボックス型のメリットです。

部屋の移動を楽にするなら「ワゴンタイプ」がおすすめ

記事番号:10200/アイテムID:5493355の画像

出典:https://shop.r10s.jp

赤ちゃんが過ごすお部屋や場所が一定でない場合はワゴンタイプがおすすめです。ワゴンタイプはキャスター付きで移動も楽々。大容量収納可能なものが多いのでオムツや着替え、小物など赤ちゃんのものを全て収納できるのもワゴンタイプのメリットです。

デメリットは大きいので場所をとるということと、戸建ての場合、1階から2階へ移動するのが大変であること。この2点をクリアできるのであればワゴンタイプはとても便利なのでおすすめです。おむつを卒業してもいろんな場所で使う事が可能です。

お出かけのしやすさで選ぶなら「バッグ型」

記事番号:10200/アイテムID:5492864の画像

出典:https://www.amazon.co.jp

ちょっとしたお出かけにはバッグ型がおすすめ。サイズもデザインもいろいろあるのでご自身が使いやすいタイプを選ぶといいですね。ベビーカーに吊り下げやすいタイプなら、お散歩にも持って行きやすいですよ。

素材で選ぶ

おむつストッカーは常に赤ちゃんのそばに置いておくものですから素材もしっかりチェックしておきましょう。主な素材の特徴をご紹介しますので参考にしてみてください。

軽量で丈夫なものなら洗える「ポリエステル」がおすすめ

記事番号:10200/アイテムID:5493257の画像

出典:https://www.amazon.co.jp

収納アイテムで一番気になるのは耐久性ですね。大容量のものを収納しても丈夫で長持ちするおむつストッカーが欲しい人はポリエステルやポリプロピレンがおすすめ。軽量で丈夫、手荒に扱っても壊れにくいのがメリットです。

赤ちゃんのおむつ替えの時は何が起こるかわかりませんから水にも強く丸洗いできるものがいいですね。ポリエステル製は丸洗いできるものも多いのでチェックしてみてください。

優しい風合いが好みなら「コットン・フェルト」を選んで

記事番号:10200/アイテムID:5493270の画像

出典:https://www.amazon.co.jp

見た目のデザインや風合いにこだわりたいならコットンやフェルト生地を採用しているおむつストッカーがおすすめ。やわらかく優しい風合いは赤ちゃんのものを入れておくにも最適です。フェルト生地は仕切りがあるものも多く使いやすく折りたためるのもメリット。

衛生的に使うために、購入前にお手入れ方法などもチェックしておくと良いでしょう。コットンの場合はビニール加工がされていると安心ですね。

おしゃれなインテリアに合わせるなら「木製・ラタン製」がおすすめ

記事番号:10200/アイテムID:5493278の画像

出典:https://www.amazon.co.jp

インテリア性を重視するなら木製やラタン製のものがおすすめです。ナチュラルな風合いはお部屋のインテリアとしても存在感が出ます。作りもしっかりしているのでたくさんのものを入れても安心です。おむつ卒業後は収納用品として再利用も可能ですよ。

フタ付のものにすればおむつを隠すことが可能です。サイズによっては大容量のものを収納することができますが仕切りなどがないのがデメリット。しかしご自身で仕切りなどを購入すれば自分が使いやすいようにカスタマイズすることもできます。

入れたい中身が決まっているなら「収納力」もチェックして

記事番号:10200/アイテムID:5493291の画像

出典:https://www.amazon.co.jp

何をどの程度収納したいかによっておむつストッカーのサイズも変わってきます。数日分のおむつを収納できると補充する手間も省けます。おむつだけなのか、小物もいれたいのかを考えた上で、欲しいおむつストッカーの収納力をチェックしておきましょう。

外出先や保育園に持って行くなら1日分家に置いておくなら数日分のおむつが入るものにするのがおすすめ。どこに、何を持っていくのかを考えて選ぶと失敗はありません。使い方によって最適なおむつストッカーを選びましょう。

おむつの出しやすさを考えるなら「開口部」も確認を

https://m.media-amazon.com/images/I/41s5Xv9XkAL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

おむつ替えは1日に何度も行うものです。おむつを取り出す際に引っ掛かってしまうとストレスに感じるてしまいますよね。おむつをスムーズに取り出すためにも、開口部が大きく広がるおむつストッカーを選びましょう。

ファスナー式や内部が見えないようになっているデザインは、おむつがやや取り出しにくい傾向があります。片手でもサッと取り出せるかどうかをチェックしておくと安心です。

小物をたくさん入れるなら「仕切り付き」がおすすめ

記事番号:10200/アイテムID:5493338の画像

出典:https://www.amazon.co.jp

おむつだけでなく、爪切りやおしりふき、おもちゃやガーゼなど赤ちゃんのお世話グッズを全て収納したい人には仕切り付きのおむつストッカーがおすすめです。細かいグッズを収納したい方は仕切りにも注目してみましょう。

仕切りが動かせるものは自分が使いやすいようにカスタマイズができます。入れたいものの大きさや場所を自分で作ることが可能なので、よりきれいに整理整頓することができます。

購入場所で選ぶ

おむつストッカーは、お店やインターネットで購入することができます。自分のライフスタイルに合わせて購入場所を選びましょう。

産前産後で出歩きにくいなら「インターネット」がおすすめ

記事番号:18477/アイテムID:6191148の画像

出典:https://pixabay.com

妊娠中や産後は今までと同じように出歩くのが難しいもの。そんな時に便利なのが、Amazonや楽天などのECサイトです。都合の良い時間にじっくりと選ぶことが可能で、お店よりも豊富な種類が揃います。

また、大きな商品を持ち運ぶ必要もないのも嬉しいポイントです。実際に商品を購入した方の口コミも参考にして選ぶのがおすすめです。

実際に確認したいなら「西松屋」「アカチャンホンポ」などの店頭購入を

https://m.media-amazon.com/images/I/51HwPTmixAL.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

実際に商品を確認して選びたいという方は、お店まで足を運んで購入するのがおすすめです。西松屋や赤ちゃん本舗などベビーグッズ用品の他、IKEAやニトリも人気です。

インターネットと比べると品数は少ないですが、実際の商品を見る事や触ることが可能なので、素材や開口部にこだわりがある方は店頭で購入すると良いでしょう。また、お店で実物を確認後にインターネットで購入するのも荷物を持ち運ばなくて良いためおすすめです。

メーカーで選ぶ

おむつストッカーはさまざまなメーカーから販売されています。ここではママから人気の高いIKEAとニトリの商品を紹介しますので参考にしてみてください。

ワゴンタイプなら「IKEA」が人気

記事番号:10200/アイテムID:5493438の画像

出典:https://shop.r10s.jp

スウェーデン発の家具や生活雑貨を扱うIKEA。低価格ながらデザインもかわいく世界中で人気のメーカーです。IKEAのロースコグワゴンは赤ちゃんの身のまわりのものを収納可能なのでママの間でも大人気。

おむつストッカーとして販売されていませんが、キャスター付きで移動も簡単。収納ニーズに合わせて中段のシェルフの位置も調節できるのでおむつストッカーとして最適。カラー展開も豊富で、おむつを卒業してもお子さまの収納するのにとても便利なアイテムです。

使いやすさで選ぶなら「ニトリ」がおすすめ

記事番号:10200/アイテムID:5494922の画像

出典:https://item.rakuten.co.jp

「お、値段以上、ニトリ」のCMでおなじみのニトリ。寝具をはじめベビー用品も幅広く展開されています。中でもママたちの間で人気の整理用バスケットはおむつストッカーとしておすすめ。大きすぎず小さすぎないちょうどいいサイズ感と使い勝手の良さが高評価につながっています。

ふたつに仕切られているのでおむつや着替えを分けて入れることが可能で、4つのサイドポケットには小物を入れることができます。持ち運びがしやすいので車の移動時や保育園などにも便利です。

おむつストッカーの代用にするなら?

https://m.media-amazon.com/images/I/51jBBNNzjML.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

おむつを使う時期は数年だけのため、おむつストッカーを購入せずに済ませたいという方もいらっしゃるでしょう。そんな方におすすめなのが、おむつ卒業後も使用可能なもので代用してしまう方法です。

無印やニトリで売られているラタンボックスやファイルボックスは見た目も良く、おむつ卒業後はそのまま収納ボックスとして使用が可能です。キャスター付きのものを選ぶと移動も楽になりますよ。

また、ランキングでも紹介したIKEAのワゴンも洗面所やキッチンで便利に使うことが可能です。長く使用したいと考えるなら、購入時におむつ卒業後のことも考えながら選んでみましょう。

無印良品のアイテムを使っておむつストッカーを手作りしよう!

記事番号:10200/アイテムID:5493467の画像

出典:https://www.amazon.co.jp

SNSで話題の赤ちゃんのお世話セットをハンドメイドで作るなら、無印良品のアイテムを使うのがおすすめ。「ポリプロピレン収納キャリーボックス」「ポリプロピレンファイルボックス・スタンダードタイプ・ワイド1/2」「持ち手付帆布長方形バスケット」を使います。

キャリーボックスとファイルボックスの高さに近い帆布バスケットを購入すると、元々セットされていたかのような仕上がりに。キャリーボックスにはおしりふきなど小物を、ファイルボックスにはおむつを収納し、バスケットに入れれば完成。

無印アイテムで作ったおむつストッカーは、持ち運びもしやすくおしゃれな点も人気の理由。無印には他にも様々な人気商品がありますので、気になる方は以下の記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

段ボールでおむつストッカーを手作りしてみよう!

https://m.media-amazon.com/images/I/41Bf+dZvu1L.jpg

出典:https://www.amazon.co.jp

おむつストッカーは購入するだけでなく、自分で手作りすることもできます。産前、時間があるようなら生まれてくる赤ちゃんを思いながら手作りしてみても良いでしょう。用意するものは段ボールと包装紙、カッター、ガムテープです。

段ボールをカッターなどで1枚に開き、おむつのサイズに合わせてカッターで折れ目を入れます。細長いボックス型になるようにガムテープで張り合わせ、前面に残った段ボールを張り付けおむつの取り出し口を作成します。

強度を上げるためにガムテープで補強したあとに、包装紙を張り付ければ完成です。お好みでマスキングテープなどを使ってデコレーションするのもおすすめですよ。

おむつのニオイが気になったら専用のゴミ箱がおすすめ!

記事番号:10200/アイテムID:5494927の画像

出典:https://www.amazon.co.jp

新生児期はおむつをかえる回数もかなり多くなりますから使い終わったおむつのニオイも気になりますね。使い終わったおむつを捨てるためにはおむつ専用のゴミ箱がおすすめ。ニオイも減り、お部屋に置いておくことも可能なのでとても便利です。

まとめ

いかがでしたか?

種類も豊富なので選びがいがありますよね!ご自身に合うおむつストッカーが見つかりますように!!